ブログ

餅は餅屋。

 

水面下でレストア作業が進んでいるけど思うように進まないCB750Kのエンジンパーツのバフ研磨のお話です。

バフ研磨とはメッキを施すのではなく、表面を細かい研磨剤で鏡になる状態まで磨き上げる作業である。単純に見えるがそこには色んなノウハウが詰まっている。

※バフ研磨業者に外注に出す前のエンジンヘッドカバー↓これでも綺麗な方だと思う。

※作業が完了した同じパーツ。↓ 深みのあるゴージャスな輝きだ。

 

いかがでしょう?クロームめっきも良いが磨きも良いですよね!ただし、ロングツーリング後などにはサッと表面でも拭いてあげて下さい。

持ちが違いますので。磨き用のケミカルも多数でております。↓Check!!

http://fortyfive-degree.ocnk.net/product/265

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

tel

mail

最近の記事

ページ上部へ戻る