ブログ

1980年代の KERKER は排圧が考えられていた?

 

少し古めのKawasaki Z用の”KERKER”マフラーをセラミックコートしてみました。

 

 

うーん。綺麗になったな~と感心していて、そして気付いたのがテールパイプの構造である。

実は複雑な形状で現行のKERKERよりも工夫されている。(この車体に以前に付けていたのもKERKER現行タイプ。)

確かにこのマフラーに替えてから中低速のトルクは確実にUPした。排気口も小さい。

 

 

抜けが良いだけが良いマフラーじゃないって事ですね。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

tel

mail

最近の記事

ページ上部へ戻る